グランドパレス小倉砂津

コンセプト

CONCEPT

北九州市の中心地として、商業と金融の源が存在するエリア。
歴史を紡ぎながら発展を続けるこの街が「都心であること」が変わらない証であり、
「都心であるために」未来を描いていく証でもある。
これからの人々の新しい暮らしの源も、この街が牽引していく。

商業 市民の食を支える旦過市場

「北九州の台所」といわれる旦過市場は、かつて小倉城の外堀であった神嶽川が隣接し、玄界灘で獲れた魚を荷揚げした船がその場で商売を行ったことが始まりとされています。水陸両方の利便性が良く、自然と市場が形成されました。活気ある昔ながらの独特な雰囲気は遠方からも多くの客が足を運ぶ観光名所にもなっています。

よりよい進化のための再整備

そんな旦過市場は、これから新たな歴史を刻み始めることになりました。昭和30年代の木造建築の店舗が多く、もっと安全・安心で魅力的な市場づくりに向けての再整備計画が進められています。お店の個性や人と人がふれあう温かさ、川沿いの立地など旦過市場ならではの特徴を生かし、これからの100年を見据えた大きな進化は、この地に住む人にとってもまたよりよい暮らしへとつながります。

完成イメージ(北九州市)

金融 日本銀行と西鉄電車が選んだ街

明治26(1893)年に大阪支店に継ぐ2番目の支店として、日本銀行北九州支店の前身となる西部支店が門司港に設置されました。昭和38(1964)年の五市合併を機に、現在の小倉北区へと新築移転を遂げることとなります。小文字通りを挟んで南北に広がる街は、北九州の金融と商業の中心地であり、銀行や保険・証券会社などの拠点が集まる、日本の中央銀行に選ばれた場所でもあります。
現在のチャチャタウン小倉には、明治44(1911)年の西鉄電車開通時に設置された砂津車庫があり北九州線で最大規模、砂津停留場は最も歴史の古い停留場の一つでした。現在は各地へ離発着するバスターミナルの機能を持ち、変わらないアクセスの良さと利便性を誇っています。

移転当時からの現日本銀行北九州支店
砂津車庫(北九州市 時と風の博物館)

交通 待望の「砂津長浜トンネル」開通

砂津交差点付近の国道3号と、海側の国道199号の長浜町付近を結ぶ自動車専用道トンネルが、2022年5月に開通しました。「富野口北交差点」から「長浜交差点」まで、JRの線路をくぐる立体交差区間は長さ540m・幅員18m。未来を担う小倉の幹線にふさわしい大規模な道路は、渋滞の緩和が期待され、車での移動がいっそう快適になり、物流の効率化や小倉都心部への回遊性も高まります。砂津から、新たに発展していく街の姿が描かれていきます。

道路完成イメージ(北九州市)

北九州市の中心地としての源すであるために発展していく証で

北九州市の中心地として、商業・金融の源が存在するエリア。
この街が「都心であること」が変わらない証であり、「都心であるために」発展していく証でもある。
これからの人々の新しい暮らしの源も、この街が牽引していく。
豊かに彩る、暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。

小倉駅

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値

勝山公園

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値

あさの汐風公園

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値

チャチャタウン小倉

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値

セントシティ

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値

リバーウォーク北九州

暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値を。「グランドパレス砂津 ランドマークタワー(仮)」誕生。暮らしのあらゆるシーンに、「SAI」という価値